wag. labo May 2022

qui-co.の小栗剛さん。

どの作品でも言葉をとても大事にしていて、音楽のような詩のような、でも紛れもなく演劇、という独特の作風が印象的。何度か一緒に作品づくりをさせていただいてますが、とても繊細で、愛嬌があり、チャーミングな方です(笑)是非是非小栗ワールドを体験してみてください。

​​アクターズラボ
【講師:小栗剛(qui-co.)】

~テーマ~

 

“農家は稲を植えて米を作る。俳優はセリフを覚えて記憶を作る。”

 

シアターゲームや脚本を使ったシーン作りを通して「コトバを覚える快楽」をゲットする、という野望をもったWSです。 ※経験問ワズ

​[講師プロフィール]

小栗剛

 

脚本家・演出家

qui-co.主宰

10代で小説家を志し上京後、ミュージシャン等様々な芸術表現活動を経て2010年より自身の表現プラットフォームとして「qui-co.」を始動。

現在は脚本家、演出家、俳優、詩人として活動中。

同ユニットにおけるアートワークとプロデュースを通じ公演のトータルデザインを行うほか、大手芸能事務所主導の公演や他劇団、TVドラマ、MVへの脚本提供も行っている。

小栗剛.jpeg

​~コメント~

「セリフ覚えが苦手だよ」と云う声をよく聞きます。

そのセリフが書かれた背景には事情や物語があり、台本上には文字にならない無数の記憶が存在します。

このWSではシアターゲームや座学で「そもそも記憶って何?」を学びつつ、音楽や脚本を使った「シーン作り」を通して「セリフ覚え」を“あそび”ます。

きっと「セリフ覚え」は楽しむ事ができる!

…そう。苦手だなんて言わないで欲しいんだ。

恥ずかしいけど、俺、セリフを愛して欲しいんです。

そんな、脚本家の切な願いが産んだカリキュラムなんです。

《概要・申込方法》

「アクターズラボ」

《講師》小栗剛(qui-co.)

《日程》2022年5月17(火)、20(金) 18:00~21:00 全2回

《場所》都内施設

《参加費》6000円

《定員》12名  (最小催行人数設定あり)  

《応募条件》

・年齢・経験不問

・全2回すべて参加可能な方

・心身ともに健康な方

 

※ワクチン2回以上接種済みの方のみご参加可能とさせていただきます。

 

《お申込み》

参加ご希望の方はこちらのフォームよりお申込みください。

 

《締切》

5/8(日)23:59締切